本文へ移動

訪問診療

訪問診療とは

訪問診療とは、最期の時までその人らしくご自宅・施設にて生活していただけるように医療を提供する一つの医療形態です。
対象者は高齢者にかかわらず、癌の緩和医療や難病・障害にて外来通院が困難な患者様をサポートすることが目的です。
また、医療だけでは療養者の日常生活は十分に支えられるわけではなく、主たる介護面をサポートすることも我々の役割だと思います。
ゆえに、患者様ならびに介護者様が中心となって、ご自宅で生活を続けていくうえでより快適な方法を、福祉サービスを利用しながら検討していき続けることが必要と考えています。

訪問診療について

患者様の状況に応じ、毎月の計画に基づいて訪問します。また容態が急変された場合、クリニックにご連絡を頂ければ往診致します。
夜間や日曜日は、留守番電話にて対応させて頂いております。留守番電話のメッセージが転送されますので、折り返しご連絡致します。

ご自宅で行う医療行為

ご自宅では、通常の外来通院と同じように血圧測定・酸素飽和度測定・診察を行ない、必要時に

・処方箋交付
・血液検査
・24時間ホルター心電図
・点滴・注射
・尿道カテーテルの挿入および交換
・胃管・胃瘻の交換
・在宅酸素供給装置の設置
などを行っております。さらに必要時には、クリニック内においてレントゲン撮影や超音波検査を行います。
2020年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る