ホーム > ANK 療法

ANK自己リンパ球免疫療法

がん治療の選択肢として、当診療所がおすすめするANK免疫療法とは?

リンパ球のなかの自然免疫を担当するナチュラルキラー【生まれながらにして殺傷力を備えている細胞(NK細胞)】を増殖活性化し、 点滴により体内に戻します。 癌の天敵として戦ってくれるこのNK細胞は、もともとご自分のものですから、ほとんど副作用がありません。

がんのおもな免疫療法

「外科療法」「化学療法」「放射線療法」は外的な力を借りてがん病巣を除去しようとするものですが、 「免疫療法」は自己の持つ治癒力を利用して治療するもので、副作用が少ない療法のため、近年脚光を浴びています。 現在行われている免疫療法には、 健康食品類、心理療法、免疫賦活剤、サイトカイン療法、抗体療法、自己リンパ球療法があります。 当院で行う免疫療法は自己リンパ球療法です。

※ 自己リンパ球療法:医学界では、従来ごく一部の医師が取り組み、 また、他の療法が受け入れられない患者に対する治療法と位置付けられていることが多かったが、 近年その流れが変化し、諸々の施設で取り組みが始められ、外科的手術との併用などを含め色々な角度から研究が進むようになりました。

当院で行うANK自己リンパ球免疫療法の特徴と他治療との比較

ANK療法 (Amplified Natural Killer)

長所 がん細胞を殺傷する力が強いリンパ球(特にナチュラルキラー細胞)を選択的に増やすことが可能。 増殖可能倍率は1,000倍以上。(このような増殖技術は世界初)
短所 T細胞などの培養が容易なリンパ球に比べると、増殖させるのに時間と手間がかかり、容易ではない。

殺傷力が強く、増殖力も強い

T-LAK療法(CD3-LAK)現在主流

殺傷力の弱いT細胞の増殖

LAK療法 (Lymphkine Activated Killer)

殺傷力は強いが、数に問題

ANK療法とT-LAK、LAK療法の細胞傷害活性度について比較してみました。 グラフはT-LAK、LAK、ANK細胞を腫瘍細胞(K562、Daudi細胞)と5:1の割合(ET ratio=5:1)で培養し各々の細胞傷害活性を測定したものです。 ANK細胞の細胞傷害活性が強いことは明らかです。


特徴 1. 副作用が少ない
2. 身体的負荷が少ない
3. 術後の再発防止に有効
4. 体調の回復を得られることが多い
比較 ANK自己リンパ球療法の方が殺傷力・増殖力共に優れていることがいえます。
治療費 培養費+採取費+点滴戻し費
a. 6 回分:治療費 2,160,000円(税込)
b. 12 回分:治療費 4,104,000円(税込)

参考サイト

リンパ球バンクのサイト
http://www.lymphocyte-bank.co.jp/

参考文献リンク
http://www.cancer.org/docroot/ETO/eto_1_3_Immunotherapy.asp
http://www.biocrystal.com/tech/ci.html

▲ このページのトップへ

Copyright © 医療法人社団 翔未会 All Rights reserved.